Staff Blog スタッフブログ

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」 番外編③ ~その他のアフターサービス~

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」

番外編③

~その他のアフターサービス~

 

みなさまこんにちは!(夜ご覧の方はこんばんは!)

初代カメラマンです(^^)/

いよいよ「肌寒い」を通り越して寒さ」を感じる季節となって参りました。

晩秋

 

社内では風邪が流行ってしまい

免疫の弱い僕も例外なく・・・

※もう治りましたのでご安心下さい(^_^;)

 

さて、前回から引き続きQualitiAの保証にまつわるお話し

QualitiA「その他のアフターサービス」についてご紹介いたします(^^)

※建物10年保証に関してはコチラをご覧下さい→(前半/後半

 

まずはその①「1年~2年の短期保証サービス」

「建物10年保証」以外のきめ細かい建物や設備に対する保証です。

例えば・・・

電気のスイッチや窓・網戸の作動不良から

床のきしみや水廻り設備、給排水設備の不調まで

幅広い範囲をカバーしています!!


工務店さんによる、丁寧な仕上げと入念なチェックをしてもらうことにより

未然に不備が生じない工夫を最大限施していますが

新しい生活を始めるお客様に少しでも安心して頂きたい思いから

このようなサービスを提供させて頂いております。

 

続いてその②「1年点検サービス」

「点検サービスはないの?」というお客様からのご要望にお答えすべく

建物の大事な部分やその①の短期保証に関する部分をベースに

「1年点検サービス」を実施しています!!

工事を行った工務店さんが建物を確認しますので

点検はもちろん、ご不安な部分のアドバイスも行っています(^_^)

外も中も安心です!

 

最後にその③「地盤20年保証」

今、大変なニュースになってしまっている建物の地盤

本来はしっかりした地盤調査と適切な工事を施せば

家が傾いてしまうことは考えづらいことです。

当然、そのような事態に陥ってしまったとき

傾いた家で生活することも、あってはならないでしょう。

これまで分譲したQualitiAに関してこのようなことはありませんが

万が一の事態に備えて、基礎着工から

地盤に対しても「20年間」保証いたします!

※気になった方は当HPの工程ページをご覧下さいm(_ _)m

 

さて、ここまで「その他のアフターサービス」について

ご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

ご不明点やご質問がありましたらお気軽にご質問ください(^^)/

 

建物10年保証と同様に

「何も無い事が一番」

を心掛けQualitiAを今後も磨いて行きたいと思いますm(_ _)m

今回までの3回でQualitiAのアフターサービスを

ご紹介させて頂きましたが、他にも

「こんなサービスはないの?」 「こんな設備がほしい!!」といった

ご意見を頂けましたら、即時検討いたします!

 

 

次回!!

・・・・・・

まだまだご紹介したいことが

たくさんあるのですが。。。

 

ご意見お待ちしております!!(^_^;)

 

「この部分のクローズアップ!」や「ここが違う!QualitiA」等

皆さまの参考になるのであれば、何でも書きたいと思いますので

よろしくおねがいします…(^_^;)

 

ありがとうございましたm(_ _)m

 

QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト 番外編② ~建物10年保証 後編~

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」
番外編② ~建物10年保証 後編~

 

お久しぶりですm(_ _)m

そして再登場!!

 

 

 

 

 

 

 

初代カメラマンです!!(^^)/

 

ようやく暑さも落ち着きはじめましたが

皆さま、いかがお過ごしでしょうか??

 

 

 

 

 

 

さて、今回は前回からの続きでQualitiAの

「アフターサービス」についてご紹介したいと思います。

 

まずは「一つ目」

「アフターサービスの流れ」についてです。

前回ご説明させて頂いた

「建物の主要構造部分」「雨水の侵入(雨漏り)に関する部分」

もし・・・もし何かあったら・・・・・・イメージしてみましょう。。


①建物の瑕疵を見つけたとします※例えば雨漏りなど

②弊社へご連絡ください

③最短で駆けつけられる工務店さんからお客様へ連絡いたします

④訪問して原因の究明します

⑤対応方法と日程を説明します

⑤その場もしくは最短の日程で補修致します

 

簡単ではありますが、このような流れになっておりますm(_ _)m

まず第一に「お客様の安全と生活」を考え

何よりも「即時対応」を重要視しております。

 

しかしながら・・・

有ってはならないことですが

「万が一」です(-_-;)

弊社が対応出来ない状態の場合はどうなるのでしょうか?

 

そんな時の為に「二つ目」・・・

弊社施工の建物はすべて「第三者機関による瑕疵保険」

「まもりすまい保険」に加入しております。

私自身、考えたくない事態ですが・・・

弊社に代わり、建物の補修費用を保険にて

まかなうことができる仕組みとなています。


建築途中の検査に関しては安全面もさることながら

この保険に加入するための検査でもあります。

※もちろん、この保険に関しての保険料は弊社負担です!

 

 

 

 

 

何も無いこと一番です。

しかしながら「万が一」に対しても「安全」と「安心」を

 

ご購入時の出会いがきっかけとなり

建物をお引き渡ししてからが

お客様との長いお付き合いのはじまりです。

 

いつまでも末永くお住まい頂くために

保険をはじめ、それ以外についても精一杯の「アフターサービス」を

させて頂きたいと思っております。

 

少し堅いお話になってしまいました。。。(^_^;)

ここまで語っておいてですが

次回!!

「その他のアフターサービス」についてご紹介いたします。

ありがとうございましたm(_ _)m

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」番外編① ~建物10年保証 前編 ~

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」

番外編① ~建物10年保証 前編~

 

こんにちは(^^)/・・・・・・この度!!

今まで私のブログを読んで頂いた皆さまからの

説明不足と省略をつっこまれ 温かいCOME BACK!の声援にお答えすべく

舞い戻ってきました(^^)/


初代カメラマンです!


さて(^_^;)ここ最近は、ちらほらと梅雨が見え隠れ・・・

「雨漏り」が心配な季節になりました(>_<)


新築の分譲戸建を買ったのに、梅雨にいきなり雨漏り・・・

何てことは、本来あってはならないことだと思います。


しかし(>_<) 「万が一」起きてしまった場合には

「建物10年保証」というお約束のもと、無償にて修繕を

行いますので、ご安心下さい(^^)/

 

さて、この良く耳にする?「建物10年保証」ですが

実際にはどのような内容の保証なのでしょうか?

まずは、コチラをご覧下さい!!

建物10年保証 まもりすまい保険

 

上の図は保証範囲を示した図です。

青枠部分が「建物の主要構造部分」

白抜部分が「雨水の浸入(雨漏り)に関する部分」

となっております。

 

「建物の主要構造部分」に関しては

建物を支える構造体、まさに屋台骨の部分です。

完成後には目に見えない部分ですが

お住まいになる皆さまの命に関わる大事な部分です!

モデルハウスの主要な構造部分

続いて「雨水の浸入(雨漏り)に関する部分」

ですが文字通り「屋根・窓・壁」からの

雨漏りを防ぐ為の部分です。

防水処理の順番

 

木材の大敵は水分→雨漏りです(- -)

腐食や虫喰の原因にもなることから

構造体の保護と雨漏りは切っても切れない関係なのです(>_<)

 

さて、前編はここまでです!

次回は修繕の流れや第三者保証について

説明させて頂きたいと思います。

 

それでは!!

また近々お目にかかりたいと思います。

ありがとうございました。m(_ _)m

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」
更新情報
NEW!!(06.15)
Last Part 「外構完成」 ~グランドオープンへ~
ほんの少し寂しいですが・・・完結です!果たして番外編はあるのか!?(-_-)
更新履歴
プロローグ
Part1 「 企画・構想 」
Part2 「 基礎・着工 」 ~ 根切り ~
Part3 「 基礎・配筋 」 ~鉄筋とコンクリート~
Part4 「基礎・コンクリート打設」 ①
Part5 「基礎・コンクリート打設」 ②
Part6 「基礎完成」
Part7 「外観イメージ」
Part8 「基礎パッキン」
Part9 「土台」
Part10 「上棟」 ~骨組の完成~
Part11 「上棟②」 ~クローズアップ「集成材」~
Part12 「筋交い」 ~ 登場!! ~
Part13 「制震住宅」 ~ ダンパーの登場 ~ とカメラマンの・・・
Part14 「構造用合板」 ~ 壁の力 ~
Part15 「合板の設置完了!!」~ 益々強くなりました! ~
Part16 「防水処理」 ~ 縁の下の力持ちの一角 ~
Part17 「中の様子・サッシ」 ~ VS結露 ~
Part18 「モルタル仕上げ前の一仕事」
Part19  「モルタル仕上げ」
Part20 「外部完成」
Part21  内部完成へ向けて
Part22 石膏ボード ~ 「火」 VS 「石膏ボード」 ~
Part23 クロス完了
Part24 室内完成
Last Part 「外構完成」 ~グランドオープンへ~

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」 Last Part「外構完成」~グランドオープンへ~

「QualitiA 2015 東京ショールームプロジェクト」
Last Part 「外構完成」 ~グランドオープンへ~

皆さま、こんにちは!!

さて、昨年より練りに練り

今年の春に着工を迎えましたが

ついに!!

ありがちなフレーズですが・・・「堂々完成!!」(^_^;)

外構(庭周り)が完成しました!!

おかげさまで、建物内部と外部、外構含め

「完全完成」いたしました(^o^)

改めましてモデルハウスの全景をお見せいたしますm(_ _)m

左側から見ると・・・

モノトーン基調

モノトーン基調のカラーリング(^^)

右側からみると・・・

ブラウン基調に!

ブラウン基調のカラーリングに仕上げております(^^)/

また、外構の一部には新しい取り組みとして

「モザイクタイル」を設置いたしました!!

モザイクタイルです!

モノトーンとブラウンに限らず

屋外・屋内共に新しいデザインの提案として、今後は積極的に採用致します。

はる前のモザイクタイルですm(_ _)m

加えて・・・

前回紹介させて頂いた室内ですが

多数のサンプル・模型やカタログを追加で配置致しました(^^)/

窓枠と水まわり設備

印刷物のカタログだけでは無く、実際の部材を切り出したカットサンプルも多数展示しております(^^)

構造ブースです。。

当初より構想をしていた、見えない部分の「見える化」を再現した構造ブースがこちらです↑↑↑

 

また、来場のお客様や仲介業者様が自由にご利用頂ける

ウォーターサーバーを設置致しました!

ウォーターサーバーを設置しました!ww

他にも見所満載!?のモデルハウスですが

続きは是非!現地へお越し頂きたいと思いますm(_ _)m

 

 

平成27年6月20日

QualitiAモデルハウス2015は

グランドオープンを迎えます。

 

このブログを始めた頃

Part1「企画・構想」で思い描いたような

様々な構想をもってモデルハウスの建築をプロデュースしました。

 

一生で一度であろう新築一戸建

建築中には見えない完成後の未来の部分

完成後には見えない建築中の過去の部分

建売分譲住宅という分野の建物における不安を

ほんの少しでも払拭し

安心して頂いた上で届けたい。

 

社員一同そんな思いを載せて

一丸となって作り上げたモデルハウスです。

 

ひとまずは「完成」を迎えたモデルハウスですが

お客様から頂いた声をもとに

さらなる進化を求めて、歩み続けます。

 

最後になりますが

このブログの最初から今まで読んで頂いた皆さま

長い間ありがとうございました。

 

また、カメラマンとしてでは無く

初のメインディレクターとして抜擢してくれた

当社代表をはじめ

アイデア提供から実務まで惜しまず協力してくれた

社内の先輩や後輩たち

普段の建物とは少し違うテイストの

モデルハウス構想を現実に起こしてくれた

工務店の皆さま

本当にありがとうございました。

 

私自身もこのモデルハウスと共に

新しい一歩を踏み出したいと思います。

 

それでは皆さま!!

次回はモデルハウスでお会いしましょうー(^^)/

1 2 ... 6