Staff Blog スタッフブログ

練馬物語。 石神井町8丁目編 その②

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 練馬物語。 石神井町8丁目編 その②
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
練馬物語。 石神井町8丁目編 その②シティートータルプランのブログ

前回は建物のパースモデリングの着色前の状態をご紹介致しましたが、今回は外構デザインの第一稿をご紹介させて頂きます。

 

本現場は総分譲数5戸ですが、全体のランドスケープと致しましては、『地面からモノトーンの立方体が突如ズドーンと立ち上がってきたような近未来的なイメージ』を企画していこうと思っています。

 

但し、ややもすると『無機質』とか『冷たい』イメージになってしまいがちな弊社の様なデザイナーズ住宅を提供するビルダーにとって、意外と重要になってくるのがこの外構計画なのです。

 

『無機質』を『モダニズム』に、『冷たい』を『クール』に…ひとつの事象には必ず表裏2通りの表現がありますが、物件を更に魅力的なものにさせる役割の一部を外構が担っています。

 

 

以下、具体的に…

・駐車場部分の土間は、コストだけを考えるならば、『普通にコンクリートを流し込んで固めて終わり!』とした方が圧倒的にリーズナブルな金額で収まり、私たちビルダーにとっては予算面では大いに助かるのですが、QualitiAではそれを良しとは致しません。

 

今回は建物の外観とイメージをシンクロさせるべく、色つきのモルタル、インターロッキング(タイルのようなものです)といったマテリアルをモノトーンでまとめて駐車場部分を演出しております。

 

・ポスト、インターフォン、照明等の配置も『ファンクションユニット』と言って、もとから前記3点がセットのなっているユニットを据え付けて終わり、という手法は今回は採用致しませんでした。

 

画像が小さく、見づらくて申し訳ないのですが、ポスト、照明、インターフォンを各々別々のパーツで構成しており、一部にフェンス状のパネルを取付、その足下にアイビー等の植物を植え、その植物がフェンス状のパネルに巻き付きながら成長し、時間が経つと、『緑の壁』が出来るような仕掛けを施そうかと企画中です。

永く住んで頂くことを考えた時に、緑の『癒し』が必要だと思いますので…

 

 

と、こんなことを考えながら物件の企画をしておりますので、いつも告知が遅くなってしまうのです。(と、イイワケ(^_^;))

 

 

次回は完成パースのお披露目が出来ると思いますので、ご期待下さい!!

≪      ≫