Staff Blog スタッフブログ

対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 対策
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
対策シティートータルプランのブログ

ご無沙汰しております。<(`^´)>。
1
1
1
1
2月から第一営業部(仕入部)に異動となりました
デコでございます (・_・)
1
1
1
1
より一層、弊社のブランド「QualitiA」を世に広めていけるよう
精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
余談ですが、、、
私の地元、宮崎県宮崎市のPRキャラクター『ミッシちゃん』
1
1
自然と神話と食の宝庫と言われている宮崎市。
1
1
1
これら3つの「シ」をとって「ミッシちゃん」と名付けられたようです。。
1
1
是非!!!!旅先の候補に!!!!!暖かいので!!!
1
1
南国 宮崎県に住んでいる頃は、冬でもTシャツ一枚で過ごしてきた(嘘)私でございますので
1
1
東京に住み始め、、、、、
1
1
1
最近、『寒暖差疲労』を感じることが増えてきました。
1
そもそも寒暖差疲労とは??
1
??
1
1
めまいや食欲不振、だるさ、落ち込みなどがあげられます。
1
1
このような症状を感じた方は沢山いらっしゃることかと思います。。。(私だけでしたらごめんなさい)
1
1
毎日元気に過ごしていくためにも!!!!
1
1
仕事の効率を上げるためにも!!!!
1
1
寒暖差を無くそう!!!!!!!
1
1
、、、、、、
1
1
1
それは無理なので
対策をしていきましょう!!!
1
1
1
「誰でもできる、誰でもわかる」デコの寒暖差疲労対策講座♪
1
①気温の変化に対応できる服選び
1
室外の気温と室内の気温、気温差に負けないためには、気温の変化に対応できる服を選ぶことが重要。
具体的にはカーディガン、シャツ、ストールなどがそれに属します。
薄手のものでよいので1枚持っておいて、寒くなったら着るようにしましょう。
『3つの首=手首・足首・首』を温めることが、体全体を素早く温めるのに必要なことです。
1
②浴室・脱衣所の温度調節
1
お風呂に入ること自体はとてもよいのですが、浴室や脱衣所が寒いのは問題有り。
温かいお風呂と寒い洗い場&脱衣所の気温差で自律神経系がいったりきたりしてしまうからです。
また、血圧の変動によって起きるヒートショックの原因にもなるので、注意が必要!!
対策としては、
・脱衣所に暖房器具を置く
・お風呂にお湯を張ってから15分ほどふたを開けたままで洗い場も温める
というのがあげられます。
1
1
1
1
最後に!!!!
これはみなさん特に気をつけてください。
1
1
③寝る前の脳の興奮を防ぐ
1
眼鏡メーカーのJINSの調査によれば、就寝前に30分以上スマホを利用している方は寝つきが悪いようです。
目から入る刺激に加えて、スマホでネットサーフィンしていると『面白い!楽しい!』と感じてしまい、脳まで興奮してしまいます。
出来る限りスマホからは離れて、せめて使うときにもアンバーカラー(茶色っぽいカラー)のレンズが入った眼鏡をかけましょう。
質の良い睡眠が大切です。
1
1
以上、「誰でもできる、誰でもわかる」デコの寒暖差疲労対策講座♪でした。
1
私も気を付けていきます。<(`^´)>
1
早速ですが今週末、関東圏は
最強寒波到来 との予報も入っております!!!
1
1
是非、今回お伝えしたことを生かして頂けると幸いです。。。
1
私は今週末の寒波に備えて
物件の水抜きに($・・)/~~~

≪      ≫