Staff Blog スタッフブログ

研修旅行2日目 その② ~白川郷・ホテル宴会編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 研修旅行2日目 その② ~白川郷・ホテル宴会編~
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
研修旅行2日目 その② ~白川郷・ホテル宴会編~シティートータルプランのブログ

デコ凸さんから引き継ぎました弘です!

2日目前半はとても濃ーーい内容でしたが、後半も勢いは衰えず、、、

兼六園で美味しいお昼を頂いた後はいざ白川郷へ!!

【白川郷】

世界遺産にも登録されている白川郷は、毎年多くの観光客が訪れる岐阜県でもとくに有名な観光スポットの1つで、中でも白川郷の地区の1つである荻町地区には合掌造りの集落が有り、古き良き日本古来の街並みを楽しむ事ができます。


 

 

 

 

 

 

 

 

東京では見られない伝統的な家屋などを見学し

 

この雰囲気を外観や外構に転用できないか考えつつ

(ついつい自社物への転用を考えてしまいます笑)

 

のどかな時間を過ごさせて頂きました!

 

心機一転リフレッシュ!!

 

これがマイナスイオンの力ですかね?( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【合掌造り】

屋根が巨大な合掌(二本の材を山形に組んだもの)になっている家の作りで屋根裏を三、四層に分けて蚕室などに用いています。

江戸時代の中頃になると、現金収入として養蚕業が盛んになり、北陸系の寄棟芽葺屋根が主流だった白川郷では、養蚕スペースを設けるために民家が大型化して合掌造り民家が誕生しました。

 

【世界遺産登録へ】

白川郷の多くの集落がダム補修金を得て、便利な現代風住宅に建て替える中で村内最大の荻町集落はダムの補修金の対象には該当せず、結果的に多くの合掌造りの建物が残されていました。

全国的に伝統家屋保存の機運が高まる中、白川郷の危機を感じた荻町集落では昭和46年「売らない、貸さない、壊さない」の三原則を定め、芽葺屋根の葺き替えに補助金を出したり、民家の外観を壊す改装は行わないようにしました。

そして平成7年白川郷荻町合掌集落世界文化遺産へ登録されると、人口1900人の集落に年間100万人を超える観光客が押し寄せる観光名所へと成長しております!

 

 

美しい紅葉と建物の景色を楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊び心も忘れず(笑)

 

 

とても楽しいひと時を過ごさせて頂きました!

 

 

 

某Big Bridge先輩は楽しみすぎて泥だらけになっておりましたww

 

 

 

 

 

そんな白川郷を堪能しつつ、日が暮れるころには本日の宿となる

 

 

 

【高山グリーンホテル 天領閣】

に到着です!

 

1972年に創業し、開業後は飛騨物産館やホテル敷地内にて温泉掘削を行い高山市では2番目となる温泉があります、過去には天皇皇后がご行幸の際の宿泊所として利用されたこともあるそうで、飛騨名物の飛騨牛やホテル自慢の温泉そして回遊式日本庭園など素晴らしい品々を体験できます!

 

 

 

 

普段ではめったに泊まることができない豪華なホテルに社員一同ざわめきつつ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

 

 

 

温泉を楽しみ、舞台は宴会場へ

 

 

 

 

 

 

 

こちらの大宴会場にて代表の挨拶を始まりに

 

本日の旅行先の感想を楽しみ、上席の方々に愚痴を聞いてもらい

 

 

岐阜名物の飛騨牛と新鮮な刺身など豪華な晩御飯をいただきました!

 

 

 

実は今月弊社代表の誕生月となります!!

誕生日には欠かせないケーキのプレゼントと各部署より心のこもった贈り物をお届けさせて頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

宴会には欠かせない、、若手主催の催し物もしっかりございます(笑)

最近社内で流行している健康を意識したフィットネスジムにちなんだ

 

某”K”社員

↓↓↓↓↓↓↓

ジム+トレーニング=略して”ジムニー!!”の誕生です!(笑)

 


(自分でも何を言っているのかよく分かりませんが、仲が良いからこそできることだと思います(笑))

 

 

 

 

そんな笑いあり、感動あり、お酒ありの宴会も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

締めにはカラオケで

 

三日目最終日へ続きます!

 

 

≪      ≫